有機ゲルマニウムと抗炎症〜インフラマソーム活性抑制〜

過去の記事では、有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)が持つ『鎮痛』『赤血球代謝』『酸素代替作用』についてお話させていただきました。

最近注目されている有機ゲルマニウムの持つ『多様な力』に魅了される方は決して少なくありません。

そこで今回は…。
有機ゲルマニウムが持つ力の一つ『抗炎症』についてご紹介します。

そもそも炎症って何?

炎症とは、打撲をしたり風邪を引いた時など、身体が何かしらのダメージを受けた時に有害なものを排除して身体を治そうとする『防御反応』のことを言います。

炎症の主な徴候は5つ
『発赤・熱感、腫脹、疼痛、機能障害』

基本的にこれらの症状(炎症)が起きることで身体は修復されていき、しばらく経つと沈静化していくのですが…。
うまく対処ができなかったり、小さなダメージが繰り返されていると、炎症反応がダラダラと続き、思いもよらない不調や慢性疾患につながってしまう可能性が高くなります。これを『慢性炎症』と言います。

○慢性炎症が原因と言われている疾患
・関節リウマチ
・心疾患
・動脈硬化
・糖尿病
・癌
・歯周病
・アレルギー
・喘息
・花粉症
・アルツハイマー病など

炎症自体は身体を守る為の大事な反応ですが
これが持続してしまうことが問題です。

大前提、食事を含めた日々の生活習慣から
『過剰な炎症』を発生させないことが重要になります。

慢性炎症予防の為に身につけたい習慣
・飲酒・喫煙を控える
・砂糖類や脂肪(オメガ6系)の摂取を控える
・良質な脂質(主にオメガ3系)を摂取する
…etc

炎症に対する有機ゲルマニウムが持つ力

さて、ここからが本題です。
果たして有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)が炎症に対して、どのように作用するのでしょうか?

炎症は、私たちの生命活動に必要不可欠なエネルギー分子『ATP』が細胞の外に放出されることによって起きてしまいます。
この『ATP』が細胞の外に出てしまうことに対し、有機ゲルマニウムがどのように作用してくれるのか、見てみましょう。

アサイゲルマニウム®による炎症性サイトカイン分泌抑制作用

THP-1細胞(ヒト単球由来細胞株)をマクロファージ様に分化させた細胞を用いて 、ATPおよび細菌の構成成分であるリポポリサッカライド(LPS)で炎症誘導した際のアサイゲルマニウム®の添加による抗炎症効果を検討しました。その結果、インフラマソーム活性の指標であるCaspase-1の活性を抑制することが分かりました。
活性化したCaspase-1は炎症性サイトカインIL-1βの活性化と分泌に重要な働きをします。アサイゲルマニウム®は、IL-1βの分泌を抑制することも確認されました。(引用:https://kyodonewsprwire.jp/release/202211210093

要約すると、ヒトの免疫細胞に似た細胞に炎症反応を起こし、それにアサイゲルマニウムを添加することで炎症反応がおさまったということですね。
これは『インフラマソーム』という炎症を引き起こす物質の活性が弱まったということなのだそうです。
※インフラマソームが活性化し続けることで免疫細胞の攻撃性が過剰に働き、慢性炎症につながります。

ここで重要なのは、ただ炎症を抑え込んで症状を緩和させる薬とは違い、有機ゲルマニウムは『過剰な炎症反応のみを鎮める』ということです。

なので、過剰な炎症を抑えながらも、本来必要なエネルギーの情報伝達は正常に行われ、炎症反応が持つ治癒プロセスもちゃんと維持されるのです。

さらに、これだけではありません。

炎症傷害による細胞死をアサイゲルマニウム®が抑制

ATPとLPSで刺激した際、インフラマソームが活性化されることにより、細胞死「パイロトーシス」が引き起こされます。パイロトーシスは細胞膜の崩壊を伴い、細胞内に存在していたATPなどの刺激因子が細胞外に放出されるため、さらなる炎症を引き起こすことが知られています。ATPとLPSで刺激を与える際にアサイゲルマニウム®を添加することで、パイロトーシスが抑制されることが確認されました。(引用:https://kyodonewsprwire.jp/release/202211210093
ひとたび炎症によって細胞死が引き起こされてしまえば…。
『細胞死→ATP細胞外放出→炎症促進→ 細胞死→ATP細胞外放出→炎症促進 →炎細胞死→ATP細胞外放出→炎症促進→慢性疾患へ』という炎症の悪循環が起こってしまいますが…

その悪循環を防いでくれるのが『有機ゲルマニウム』なんですよね。

これは本当にとんでもないミネラルです。

医食同源Labの有機ゲルマニウムウォーターPlus氣のススメ

生涯自分の脚で歩ける體を医食同源Lab『有機ゲルマニウムウォーターPlus氣』は、新鮮な大分の天然湧水に『アサイゲルマニウム(有機ゲルマニウム)』をふんだんに溶け込ませ、そこにさらに生命維持の要であるミネラル『マグネシウム(塩水湖水)』を入れたスーパーミネラルウォーターです。

この唯一無二のミネラルウォーターは、毎日の健康を維持する上で、非常に心強いサポートになってくれることでしょう。

ぜひこの機会に、有機ゲルマニウムの力をご体感ください。

有機ゲルマニウムウォーターPlus氣の購入はこちらから↓
https://ishokudogen.jp/?pid=163210789

Visited 321 times, 1 visit(s) today

オーソモレキュラー栄養療法で筋痛症改善を!

神戸ナカムラクリニックの中村篤史院長がUROOM調布成城にてオーソモレキュラー診療(自由診療のカウンセリング)を不定期ではありますが月に1回、10名様限定で実施いたします。筋痛症を根本から改善されたい方、筋肉の質を改善されたい方などはぜひご参加ください。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。


ABOUTこの記事をかいた人

上原新

小学校からトランペットを始め、20歳まで音楽にのめり込んでいた。音楽系専門学校を卒業し、介護の世界へ。介護福祉士として約7年の勤務の中で『予防の大切さ』を重く実感し、筋肉チューニングサロンUROOMのセラピストへ転身。施術だけでなく、栄養や運動の観点から本質的な不調改善を目指し、日々施術を行なっている。世界の人々が命を終える最期まで自分の足で歩ける『ピンピンコロリ』の世界へ。